保護者の方へ

美術系大学・高校をめざしたいお子様のために、何をどうしていけばいいのか、いつから準備を始めればいいのか、全くわからない…
不安や疑問をお持ちの保護者の方も多くいらっしゃいます。
ここではよくある疑問や質問にお答えします。
さらにわからないことがありましたら、アトリエ見学時に個別でご質問をお受けいたします。

そもそも美術系の予備校とは、画塾って何?

美術予備校は、受験に必要な実技をデータに基づいた傾向と対策で学ぶ場です。
学科予備校から派生した大手の美術予備校もあります
画塾と呼ばれる塾は、美術の基礎から応用までを画家や作家から学びます。美術研究所と呼ばれたりもします。
アトリエ京都は受験に即した準備とともに、将来活躍できる実技力を身につけていただけるよう、予備校の良さと画塾の良さを合わせた指導を行っています。

芸大美大は、才能やセンスの世界?

芸大や美大には天才ばかりが通っているわけではありません。誰でも初めは初心者としてスタートするので、絵がうまく描けなくても才能が無いと諦めないでください。差がつくとすれば学び続けていく情熱があるかどうかでしょう。一枚一枚、描く作品を重ねていく中で技術が向上し、学びによってセンスも磨かれてゆきます。

いつから始めればいいのか

上達するためには日々描き枚数を重ねなければなりません。早くから始めればその分、合格の可能性は高くなります。しかし幼少の頃からの英才教育は必要ありません。一般には大学受験は高校1、2年生から、高校受験は中学2年生から始める方が多いです。

しかし、開始時期は人それぞれ幅があります。中学1年生から進路を決めている人もいれば、高校3年から始める人、高校を卒業してから、、、と様々です。年齢に幅があるのも美術系の特徴の一つです。将来への初めの一歩は踏み出したその時がベストな時期と言えます

美大に行って、将来の就職は大丈夫?

芸大美大を卒業し就職する学生は大勢います。クリエイティブな発想ができる人、イメージをカタチにできる人などを求める企業も多く、芸大美大出身者の活躍の場は増えています。
中には作家活動のためや大学院への進学、留学など就職せず卒業する人もいます。
芸大美大に行くとなかなか就職できないというイメージが先行していますが、むしろ新たな価値を生み出す人材として社会貢献が期待される分野ではないでしょうか。

見学・無料体験随時受け付けています

アトリエ京都ではそれぞれの状況に合わせたクラスを設置しています。
志望校や分野は未定だけど、美術の道に進んでみたい方・じっくりと考えて決めていきたい方・既に決まっているので志望に合わせた課題に取り組みたい方・AO入試の出願可をもらえたけれども実技をもっと学びたい意欲のある方など、状況は人それぞれです。
「こういう場合はどのクラスを選べばいいの?」
「芸大美大受験ってどういう準備が必要なの?」
と疑問があれば、お気軽に相談してください。進路相談も随時行っております。