青春は短くプロの道は厳しい

マンガ・アニメ入門コースそこで、絵画基礎とマンガ・アニメを学べるクラスが誕生しました。
アトリエ京都が新しく開講した「漫画・アニメ入門クラス」は、芸術大学に進学レベルのデッサン力や色彩の原理を習得しながら、キャラクター造形、パース、物語の構成、コマ割りなどマンガ・アニメの技術を学べるクラスです。

クラスの特徴

マンガ・アニメ入門クラス受講方法
・12回1クールとして全24回、計画的に学べます。
・力を磨くための基本をマスターできます。

専門課題は漫画家・堀麻子先生監修のもと組まれたカリキュラムとなります。
基礎課題はデッサン・着彩・色彩など計画的に練り上げたカリキュラムで造形力を身につけていきます。
また、通常クラス受講者と組み合わせて受講する事も可能です。

対象

これから基礎を学びつつ自分の分野を考えていこうという高校生一年生二年生はもちろん、受験科と併せて受講したいという高校三年生、高卒生の方にも対応します。

どの専攻を選び、いかに大学時代を過ごすか

漫画やアニメは日本文化として広く認められ、そのため多くの大学に学科が置かれるようになりました。しかし漫画家アニメーター、ゲーム関係などの希望の職業に就くのは一部の卒業生のみです。なぜなら美術系大学のマンガアニメ専攻は、毎年700人を越える卒業生を輩出しているからです。
マンガアニメの学科を卒業したからといって、それで就職やデビューの夢が叶うというわけではありません。実力勝負の世界ならではの厳しさでもあります。大学で洋画や日本画を学び漫画家デビューする人もいます。
どの専攻を選び、大学時代をいかに過ごすかがポイントです。自らを客観視し、何を成すべきかを探し習得できる力が成功の鍵となります。
その力を磨くための基本を身につけいくのが、この「漫画・アニメ入門クラス」です。

見学・無料体験随時受け付けています

アトリエ京都ではそれぞれの状況に合わせたクラスを設置しています。
志望校や分野は未定だけど、美術の道に進んでみたい方・じっくりと考えて決めていきたい方・既に決まっているので志望に合わせた課題に取り組みたい方・AO入試の出願可をもらえたけれども実技をもっと学びたい意欲のある方など、状況は人それぞれです。
「こういう場合はどのクラスを選べばいいの?」
「芸大美大受験ってどういう準備が必要なの?」
と疑問があれば、お気軽に相談してください。進路相談も随時行っております。